カンコーファンサイト

子どもに押し付けてはダメな事

子育てや教育の最終目標は

間違いなく「立派な大人に」そして「幸せになって欲しい」ですよね。

 

しかしながら、上手に子どもの成長をサポートしている親御さんや先生がいる反面、こどもの成長を妨げる子育てや教育があるのも事実です。

 

まず理解したいのは、どちらも「子どもの幸せな未来を願っている」という最終目標は同じです。

では、どこに違いがあるのでしょう?? それは「ちょっとした違い」だと思います。

という、僕 自身も 3人の子育て中の親の身。

どちらに転ぶか分かりません…

これまで カウンセラーとして多くの子ども、そして親子関係をみさせて頂きましたが、その経験で いつも自分の子育ての指針している3つの事があります。

1つ目は「褒めると認める」は違う

我が子が テストで100点取れた!サッカーの試合でシュートを決めた!

存分に褒めてあげてください。

 

ただ 褒める事も大切ですが、でも子ども達が 本当に望んでいるものは、違うところにあります。

それは「認める」

例えテストが100点でも60点でも、試合に勝っても負けても それまでにどのように努力してきたか?を見て、その努力を認めてもらいたいという心理があります。

褒めるという事は結果に対しての言葉掛け。認めるは経過に対しての言葉掛けです。

例え今回結果が出なかった子どもも 頑張った経過を認めてあげれば 次回は必ず違うやり方を自ら考え歩んでくれるはずです。

2つ目は縦ではなく横からのサポート

 

我々はついつい上から下に「こうしなさい、あれもしなさい」と口を出してしまう事が多くなりがちです。

 

上からの力(指示)は、子ども達に、自分の目標ではなく、我々 親の目標に向い反発心を育ててしまいがちです。

子ども心理・目線に立って、「こうしてみたら?これはしてみたくない?」など、横からのサポートへとシフトチェンジしましょう。

 

3つ目は 縦ではなく横の力を考える

 

子どもに限らず、仕事においても 生活においても、ついつい「今」を見て 大切な将来に目を向けるのを忘れがちです。

最初に述べた通り、我々の最終目標は 子ども達が「自分らしく 立派に 幸せに生きる」です。

 

今は点数が悪かろうが、努力の仕方を自分で学び 20年後の世の中で100点を取れば良い。

今は負ける事ばかりが続いても、自分なりの勝てる方法をあみ出し 20年後連戦連勝すれば良い。

 

子どもの人生は 子ども自身がデザイナーで 我々はそのアシスタント。

アシスタントが出しゃばり過ぎると、後々 怒られます。

僕らは僕らで 20年後 サイコーのじいちゃん・ばあちゃん目指しましょう♩

 

プロフィール

%e3%81%a4%e3%81%a0%e5%ae%a3%e6%9d%902015こころ応援家(心理カウンセラー) つだつよし、

大分県の高校を卒業後、吉本興業福岡事務所に所属。その後、大分に戻りタレントや構成作家として地元メディアに関わる。子どもたちの夢を応援する番組「ダッシュくん」がきっかけで心理カウンセラーの資格を取得。不登校の子どもたちへの支援活動を行うとともに、全国の教育現場で子育て・教育をテーマとした講演活動も行っている。

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル